雑記

ぬいぐるみ療法とは?うつ病改善効果あり、やり方など【エビデンスあり】



今回はぬいぐるみ療法についてまとめてみました。


ぬいぐるみ療法とは

ぬいぐるみに触れることにより不安を解消し、ぬいぐるみを自分自身に投影することにより、セルフヒーリング効果も期待出来る療法。

オランダの研究グループが行ったある調査は、大学構内でアンケートを取るという形で行われました。
一部の調査対象に対しては、調査員が軽く肩に触れながらアンケート用紙を渡し、調査を行いました。すると、肩に触れられた被験者のほうが社交的に振るまうことがわかりました。
また、質問の過程で死について考えさせられた被験者のうち、肩に触れられた被験者は死への恐怖が軽減されていたことも判明しました。
このことから、「何かに触れることは、無意識な不安の解消に繋がるのではないか」と考えられています。
加えて、被験者をぬいぐるみに触れさせて同じような実験も行われました。
質問の過程で死を意識させられた被験者にぬいぐるみの価値を質問すると、「ぬいぐるみの価値は23ユーロ」と答えたのに対し、死を意識させられなかった被験者は「ぬいぐるみの価値は13ユーロ」と答え、明らかな価値観の違いがみられました。
この研究結果を受けて、研究グループは「人は死を意識させられた際に、自分の存在価値について不安になる。その不安を解消するのに役立つのが何かに触れるという行為である。それは人だけでなく、ぬいぐるみでも大きな効果が期待できる」という結論を出しました。

http://www.utsu-s.jp/column/cuddle/a-stuffed-toy_s_150713/

ぬいぐるみ療法の効果

①孤独、不安の解消

人は何かに触れることで、癒し効果が得られる。ぬいぐるみに触れることで癒しが得られ、孤独感や不安感の解消につながる。

②セルフヒーリング効果

ぬいぐるみに自分自身の寂しさや不安、いたたまれなさを投影して抱きしめることで、「自分で自分の心を抱きしめ、癒す」といった感覚になる。

③うつ病、アダルトチルドレンを癒す効果も期待できる

悩んでいる自分、幼いころの自分をぬいぐるみに投影し抱きしめることで、癒し効果が得られると考えられている。



※アダルトチルドレン・・・子ども時代に親との関係で何らかのトラウマを負ったと考えている成人のこと。

ぬいぐるみ療法のやり方

①両腕で抱きしめられる位のぬいぐるみを用意。(ぬいぐるみがなければ、触り心地のいい枕や軽い毛布などでも代用できる。)


②自分が最も落ち着ける場所へ移動し、ぬいぐるみなどをなでたり抱きしめたりする。


③ゆっくりと深呼吸しながら、なでたり抱きしめたりすることで心を落ち着かせていく。名前があるぬいぐるみなら、名前を呼んで話しかけるのも方法の一つ。







参考サイト

https://shohgaisha.com/column/grown_up_detail?id=659

僕の体験談

僕が実家に住んでいた時、うつ状態で落ち込んでいる時に唯一ずっとそばにいて、癒し続けてくれたのは飼い猫でした。飼い猫を抱きしめるとすごく安心し、幸福感を得られました。

実家を出て一人暮らしを始め、精神的に追い込まれ辛くなった時に、ふと実家の飼い猫の事を思い出し、近くにあったくまのぬいぐるみを抱っこしてみるとすごく心が安心し、癒されました。

そういった実体験をもとに、今回この記事を書こうと思い色々調べてみましたが、ぬいぐるみ療法に関する医学的な根拠となる研究結果が少なかったです。残念。

人は抱き枕などを抱きしめるだけでオキシトシンという幸せ、癒しホルモンが分泌されるそうです。別にぬいぐるみじゃなくてもいいんかいっ(泣

認知症患者に対するドール(赤ちゃん人形)セラピーに関する論文は色々ありましたが・・・

医学的な根拠が少し曖昧ですが、僕の個人的な体験からこの方法は十分な癒し効果があると思います。

自分好みの可愛くて触り心地の良いぬいぐるみを選び、視覚、触覚を通じ、心から癒されてみてはいかがでしょうか!





【おまけ】ぬいぐるみ療法を実践する方々の声

-雑記

Copyright© くまくまライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.