コミュ障克服

コミュ力を鍛えるには〇〇力が必要




また、DaiGoさんの記事で面白いのを見つけました。






話し下手が秒で治る2つの方法ですと?

こりゃ最高ですね、僕はこの記事に秒で喰いつきました。





この記事で学んだ事

内容を要約すると、


女性が男性よりもコミュニケーションが上手いのは共感能力が高いからで、


相手に共感する能力を高めればコミュニケーション能力も上がるといったものでした。


例えば、自分がすでに知っている事を相手が言ってくるとすると、男性はどうしても相手より優位に立とうとしてしまい、それ知ってるよと返して会話が終了しがちだそうです。しかし、女性の場合、さも自分は知らないかのようにその話に乗る事が出来る為、会話が弾むそうです。




共感能力を上げるには

①お酒を飲む。

お酒の力を借りて会話すると共感能力が上がるとの研究結果が出ているそうです。

②男性グループの中に女性を加える。

男性グループの中に女性が1人入ると共感能力が高くなるそうです。

職場の会議でも活発な議論を生んで、有意義な会議にしたかったら、男性メンバーの中に女性を入れておくと男性メンバーの共感能力も高くなり良い効果が出るそうです。



詳しく知りたい方はDaiGoさんの記事を読んでみて下さい。






そもそも共感って何?

共感とは

共感(きょうかん)、エンパシー(empathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。通常は、人間に本能的に備わっているものである。しかし、例えば反社会性パーソナリティ障害やサイコパスの人物では、“共感の欠如”が、見られる。

共感性がたとえば友情を生み出す。友人になったきっかけは、「何となく」であることが多いが、「何となく」の本性は、共感性である。共感しない立場をとると、子猫を憎むことを主張しているかのように受け取られ、不興を買う。


引用元ウィキペディア




感想

コミュ力を上げるには、共感する事が大事だという事が分かりました。 普通の人からしたら「え?そんなの当然じゃね?」って思うかもしれませんが、コミュ障はその辺理解してないんですねぇ。

確かにその人と共感しようと思えばその人の情報、その話についてもっと知りたいってなって、色々質問項目が浮かんで会話が弾むはず!



ウィキペディアにも共感性が友情を生むってはっきり書いてあるし、やっぱり僕は共感性が無いから友人も出来ないんだろうなぁ。 僕ってもしかしてサイコパスなのかな?



でも自分が思ってもいない事に賛同したり、全く興味ない話題に乗ったり、人の意見に合わせるのって凄いストレスだろうなぁやっぱり。

コミュニケーション=ストレス


ってイメージがさらに強くなってしまいました。





-コミュ障克服

Copyright© くまくまライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.